同じ内容の引越しでも、引越し業者により料金は異なります。

ケースによっては、数万円もの差が生じることもあります。

札幌の単身引越しをできるだけ安く済ませたい方は、引越し料金の算出方法を理解しましょう。

算出方法がわかれば、料金を抑えるポイントもわかります。

引越し料金の算出方法と料金を抑える基本的なポイントを紹介します。

引越し料金の算出方法

引越し料金の算出方法は、基本的に各業者とも同じです。

具体的には、「基準運賃+割増運賃+実費+オプション料金」で求められます。各料金について簡単に説明します。

基準運賃

基準運賃は、引越し料金に必ず含まれるものです。荷物を運ぶための基本料金と考えればよいでしょう。基準運賃は、荷物を運ぶ時間または距離と荷物の量で決まります。荷物の量はトラックの大きさと言い換えられます。つまり、荷物を運ぶ時間や距離が長くなる、荷物の量が多くなると基準運賃は高くなります。

割増運賃

割増運賃は、ある条件に該当するときに基準運賃にプラスされる料金です。割増運賃は「基準運賃×割増率」で求められます。割増運賃が加算されるのは、深夜・早朝・休日に引越しを依頼したときなどです。したがって、必ず加算されるわけではありません。割増率はケースで異なりますが、2~3割程度が相場です。

実費

実費は、依頼者が実費を負担しなければならない料金です。代表的な実費として、作業員の人件費・梱包資材費・有料道路料金などが挙げられます。有料道路料金は、片道分だけを請求されることが一般的です。

オプション料金

オプション料金は、引越しに付帯して利用するサービスの料金です。具体的には、クーラーの取外し・取付料金、ピアノの輸送料金、テレビアンテナの取外し・取付料金などが該当します。

札幌の単身引越しをできるだけ安く済ませる方法

引越し料金は以上の計算式で求められます。札幌の引越しをできるだけ安く済ませたい場合、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

使用するトラックを一回り小さくする

引越しの基準運賃は、使用するトラックの大きさで異なります。

トラックの大きさを決めるのは荷物の量です。したがって、荷物の量を減らすと引越し料金を安くできる可能性があります。

ポイントは、単に荷物の量を減らすだけでなく、使用するトラックの大きさを一回り小さくできるだけ荷物の量を減らすことです。

したがって、引越し業者に相談しつつ、荷物の量を減らす必要があります。荷物の量は、新居で使用しない不用品を処分するか売却することで減らせます。

引越し費用の一部を捻出できるため、売却できる不用品は売却することをおすすめします。

不用品の売却は、リサイクルショップのほか、フリマアプリやオークションアプリなどで行えます。

あるいは、当社「ウルトク引越」であれば、引越しと不用品買取を同時に行えます。

買取額に応じて引越し料金が安くなるため非常にお得です。不用品処分の手間がかからない点も魅力といえるでしょう。

依頼する日時を調整する

引越し料金は、依頼する日時でも異なります。

深夜・早朝・休日に依頼すると、割増運賃を加算されるからです。

したがって、平日の午前や午後に依頼すると、引越し料金を安くできる可能性があります。

平日の午後は依頼する人が少ないため、料金交渉の余地が大きいと一般的にいわれています。スケジュールに余裕のある方は、平日の午後を狙うとよいかもしれません。

同様に繁忙期にも注意が必要です。3~4月は年度が替わるため引越しの依頼件数が多くなります。

したがって、引越し料金も高くなる傾向があります。スケジュールに余裕のある方は、この時期を避けるほうが無難です。閑散期は引越し業者で異なりますが、一般的には10~12月ごろといわれています。

引越し料金が気になる方は、この時期を狙うとよいでしょう。

実費について相談する

引越し業者に実費について相談することもおすすめです。

実費の中には、工夫次第で削れるものがあります。

例えば、梱包資材を自分で手配することで梱包資材費を削れることや移動に高速道路を使わないことで高速道路料金を削れることなどがあります。

対応してくれるかどうかは引越し業者次第ですが、相談してみる価値はあるといえるでしょう。

札幌の単身引越しはウルトク引越で賢くお得に

札幌の単身引越しをお得に済ませたい方は、ウルトク引越までお気軽にご相談ください。

買取プランでは不用品買取額に応じて引越し代金の追加割引サービスがあるので非常にお得です。

買取代金次第では、最大0円で引っ越しを行えます。

また、不用品処分に手間がかからない点も魅力です。

ウルトク引越で、賢くお得に札幌の単身引越しを済ませてみてはいかがでしょうか。

はじめての方へ

料金プラン